神経外科医のフクシマさん「法王を治療したことはありません」 – ANSA.it

投稿:2015年10月24日 | 更新:2015年10月26日

In this Oct. 1, 2014 photo, Pope Francis shakes hands with Japanese brain cancer specialist, Dr. Takanori Fukushima on the occasion of a pope's general audience in St. Peter's Square, at the Vatican. The Vatican on Wednesday, Oct. 21, 2015 denied Pope Francis is in ill health, saying his head is "absolutely perfect" after an Italian newspaper reported he has a small, curable brain tumor. The Japanese brain cancer specialist identified in the report as having made the diagnosis denied having ever examined the pontiff. In a statement issued late Wednesday by Duke University in North Carolina, Fukushima said: "I have never medically examined the pope. These stories are completely false." (L'Osservatore Romano/Pool via AP)
情報源: http://www.ansa.it/

日刊紙Qnが脳腫瘍のため法王を診察したと報じたフクシマ氏が沈黙を破り、アメリカの彼の家から「メディアへの思いがけない過度の露出」について驚きをあらわした。

日本人の医師タカノリ・フクシマさんはアメリカ・ノースカロライナ州の自宅でANSAの電話インタビューに答え、「法王を治療したことはありません。多くの嘘が書かれています」「メディアへの思いがけない過度の露出に驚いている」「イタリア語は話さない。おそらく似たような名前の似たような人物を手術したことで混乱が起きたのだろう」と話した。