17歳少女を母親殺し容疑で逮捕「罰としてスマフォとPCの使用を禁止した」

投稿:2015年10月29日 | 更新:2015年12月19日

5月25日にレッジョ・カラブリア州でに発生した殺人事件の容疑者として、被害者の娘である17歳の少女が逮捕された。殺された45歳の看護師はピストルでこめかみを撃たれていた。娘は学校を休みがちで、チャットに一日中熱中すること多く、母親からスマートフォンとパソコンの使用を禁止されていた。
情報源: Corriere della Sera

18歳から34歳までのイタリア人1120万人のうち、830万人(74%)がインターネットを利用している。利用時間は一日平均2時間27分で、うち約1時間はソーシャル・ネットワークとチャットに費やす。55%がモバイルのみ、8%がPCのみを利用している。インターネット利用者の数は、テレビ視聴者の数(650万人)を上回った。
情報源: Giovani con lo smartphone sui social in media un’ora al giorno – ANSA.it

comScoreの調査によると、イタリア人の60%がスマートフォンを保有しており、他の欧州諸国(独仏英スペイン)にくらべ、サービスの利用率が高い。イタリアでは男性の75%、女性の81%がチャットを利用している(欧州平均は60%)。ソーシャルネットワークは男性の61%、女性の66%が利用している。最も利用されているアプリはWhatsApp。
情報源: Italiani primi in Ue per uso smartphone – Tlc – ANSA.it

comscore-smartphone-app-whatsapp-franzrusso.it-2015
出典:http://www.franzrusso.it/