レンツィ首相「欧州は心臓を撃たれたが、蛮行に立ち向かうことができる」

投稿:2015年11月14日 | 更新:2015年12月27日
出典:Corriere della Sera

首相官邸でパリの動向を注視しているレンツィ首相は、「イタリアはパリの犠牲者に心を痛めており、フランスの皆さんと悲しみを共にしている。欧州は心臓を撃たれたが、蛮行に立ち向かうことができる」と述べた。

アルファーノ内相は、警戒レベルの引き上げを指示した。また、明日の午前中に国家公安委員会を招集する。
情報源:Corriere della Sera